HOME>イチオシ情報>診療時間内に電話で確認して対応を任せましょう

症状を簡潔に伝えることが大切

男性

急に歯が痛くなったり腫れたりした場合、まずは電話で歯医者に連絡を取りましょう。歯医者は予約制にしているところが多いため、救急患者を受け入れてくれるかどうかを知る必要があります。電話でいつからどのような症状が出て、今現在どうなっているかを簡潔に伝えることが大切です。その上で予約なしでも診察を受けることが可能かどうかを確かめます。亀有の歯医者でも救急患者の受付に柔軟に対処していますし、かかりつけの歯医者であれば保険証と診察券を準備して何時に行けばいいか答えてもらえます。全くかかったことがない初診の場合は、その旨を告げてどうすればよいか返答を待ちましょう。こちらも保険証の持参は必須で、お薬手帳も併せて提出して受診の申し込みを行うという流れになります。

応急処置だけでもしてもらうよう依頼する

我慢できない痛みがある場合、仮に予約がいっぱいであっても応急処置を依頼することは可能です。亀有の歯医者でも急激な症状を起こしている患者の診療依頼に対して、随時診察の受付を行っています。予約制のため長い時間を確保することが難しいときは、とにかく症状を抑えて苦痛を取り除く処置を施します。腫れて膿が溜まっているようなら切開して膿を排出すれば痛みや腫れはかなり楽になりますし、痛み止めを服用することで痛みを抑えることが可能です。また抗生剤も一緒に服用すれば菌の繁殖を抑え、症状の改善を早めることができます。

早めに対処してくれる歯科医院なら安心です

症状がひどくて耐えられない場合は、症状を和らげてもらえるだけでも随分と違ってきます。亀有では予約なしでも救急の患者を診察してくれるところがありますので、予約制に拘らず柔軟に対応してくれる歯医者さんならその後の通院も安心です。また電話で対応しているスタッフが、すぐに歯科医師に確認して来院するよう取り計らってくれるかどうかも重要になってきます。電話応対一つでかかったことのない歯医者でもおおよその雰囲気をつかめますし、何とか早めに診察しようとしてくれる歯科医院は信頼できます。