HOME>特集>大切にしたい歯について親身になってくれる

歯を抜かない治療

自分の歯でしっかり噛んで食事をするためには、なるべく歯を抜かず、元の状態を保つ治療が大切になってきます。何か特別な治療方法があるのか、必要なのかというワケでもありません。基本に忠実に、歯を残す治療(根管治療)を実践する牧野の歯医者に通えるなら、ほとんどの歯は長く使えることを知りましょう。歯周病検査から歯根の形状や状態を撮影、虫歯の部分を取り、根管充填までが行われます。

新しい技術や薬も開発中

牧野の歯医者では、予防歯科、そして現状維持を患者にアドバイスします。最近になってようやく、歯周病の進行によって失われた歯周組織を再生させる技術や、リグロスというものも使われるようになり、今後も、画期的な薬や技術方法が見つかる可能性もあるようです。

2つの治療の魅力

歯を抜かない予防は患者さん自身が行いますが、牧野の歯医者では根管治療と歯周病治療、この2つを行ってくれます。歯医者の仕事は歯を削ること、だからこそ、なるべく生体にとって負担の少ない治療方法を大切にしてくれています。

歯の命を守れる

歯医者では、なるべく削らないこと、削るときにはしっかりプラスチックや金属を接着させることを約束してくれます。神経を取る治療ではなく、残す治療のほうが圧倒的に難しいはずなのに、取らない治療方法を選択してくれる牧野の歯医者であれば、歯の命は途絶えないでしょう。